クリーニングの配達や集荷を無料でしてくれるサービス

クリーニングの配達や集荷をしてくれる宅配クリーニングが人気です。
家族の人数が多くてたくさんの衣類をクリーニング店に持っていくのが大変な方には嬉しいサービスです。
また小さいお子さんがいて、家を空けられない方にも便利です。

 

でも初めて利用する方には色んな疑問点がありますよね?
そこで利用の流れを簡単にまとめてみました。

 

料金・送料

料金は大きくわけて2つのタイプがあります。

 

通常のクリーニング同様に衣類のタイプごとにに料金設定があるタイプ

ワイシャツ230円、ブラウス570円、スーツ上860円、スーツ下570円など一般的なクリーニング店と変わらない料金設定です。
さらに会員になると会員料金でさらに安くなります。

 

どんな衣類でも5点でいくら、10点でいくらという風にパックで料金が設定されているタイプ

申し込み後にもらえる専用バッグに入れて、どんな衣類でも3,592円(税別)というような料金設定です。
どんな衣類でもいいので1点で出すと高いコートやダウンジャケット、ワンピースなどはこちらを利用するとお得です。
パック制の料金は2回目以降はリピート割引で料金は少し安くなります。

 

集荷や配達の送料について

パック制のクリーニング会社は通常5点以上からの申込になるので送料は込み、つまり無料です。
それに対して衣類の種類で料金が変わるクリーニングサービスの場合は、1回の利用額で〇〇円以上という設定が一般的。
例えば大手のリネットだったらプレミアム会員は税抜き2,400円以上の利用で往復の送料が無料、通常会員だと1回あたり1,058円の送料が必要です。
(ただし北海道・沖縄・一部離島は除きます)

 

よく利用するワイシャツやブラウス、スカート、スーツなどはリネットなどのプレミアム会員料金で安く利用して、厚手の衣類は衣替えのシーズンに5点や10点パックなど、用途で使い分けるとぐーんとお得になりますね。
支払い方法はクリーニング後の衣類を受け取る際の代金引換(現金)か申込時点でのクレジット支払いのどちらかになります。

 

代引き手数料について

代金の支払いを代金引換(代引き)にした場合、代金と別に代引き手数料300円+税が別途かかります。
これは宅配便さん側のシステムなのでどうしようもないですね・・・。

 

利用の流れ

利用するサービスによって初回の申し込み方が少し変わりますが、2回目以降はほぼ同じです。

 

初回の申し込み方

申し込みはネットか電話で予約します。
その後の衣類の集荷方法はサービスによって異なりますので、代表的な3社の場合を紹介しておきます。

 

  • リネットとは初回利用時は家にある不要なダンボールか紙袋などに入れればOKです。
  • プレミアム会員は申込時に依頼しておけば初回利用時に専用ダンボールをもってきてもらえるので、その場で梱包してそのままクリーニングに出すこともできます。

     

  • ネクシーもリネットとほぼ同じで初回は家にある不要なダンボールか紙袋を使います。問い合わせれば初回から送付キットを送ってもらうこともできます。
  •  

  • リナビスは申込後1〜3日で集荷キットが自宅に届きます。その集荷キットに衣類を詰めて宅配業者さんに渡します。

 

2回目以降の利用の仕方

衣類は専用バッグや集荷キットに入れて申込みます。
集荷の予約はネットや電話で申込みができますし、コンビニに持ち込めば24時間受付OKなのでとても便利です。

 

ご利用可能な地域

大手の宅配クリーニングはほとんどの場合宅配業者と提携していますので、対象エリアは全国です。
ただし、北海道や沖縄、離島などは別途送料がかかることがありますので事前にご確認下さい。
※中には白洋舎のように自社店舗付近の注文には自社スタッフが出向くというケースもあります。

 

集荷や届くまでにかかる日数

利用するサービスにより多少の差はありますが、集荷は申し込みから最短で即日、配達は5日後〜となっています。
ただし初回利用は専用バッグや集荷バッグ到着後でないとダメなサービスもありますのでご注意ください。
リネットでは会員特典でクリーニング後の再配達が最短2日という驚きのサービスもあります。

 

クリーニングの配達や集荷で人気のサービス

クリーニングの配達や集荷をしてくれる宅配クリーニングですが、大手から個人事業主レベルのサービスまで大小さまざまあります。
しかし中には衣類の紛失や汚れが落ちないなど、悪質な業者もありますから初めてのご利用の際は十分な注意が必要です。

 

そこでここからは料金や仕上がり、万が一の保証などがしっかりしてる人気のサービスをランキング形式で紹介したいと思います。

 

リネット

  • 会員数が25万人以上の人気クリーニング
  • 年会費でプレミアム会員になると実質無料
  • 受け取りから1週間以内なら無料で再仕上げ
  • プレミアム会員になると配達が最短2日
  • 初回はお試し価格+プレミアム会員も初月無料

 

CMなどでもお馴染の宅配クリーニング大手のリネットは「店舗と変わらない料金」をウリにしてるだけあって、1点毎の料金がとにかく安いです。
例えばワイシャツ195円、ブラウス410円、スーツ上下で1,250円など日常使いできる料金設定が嬉しいですね。
リネットの場合はプレミアム会員になると色んな特典がついてくるんですが、年会費(3,600円)プランだと3,600円分割引が使えるケアパスがもらえるので実質年会費は無料になります。税別2,400円以上の利用で往復送料が無料、最短2日で返却、使わなくてもすぐ貯まるスタンプカードなど特典盛りだくさんなので、リネットを利用するならプレミアム会員はおすすめですよ。

 

初めての方は初回がお試し価格になってますし、プレミアム会員も初月は無料でいつでも解約できますので気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

>>リネットを詳しくみる<<

 

 

 

リナビス

  • パック料金だから何を入れても料金は変わらない
  • 子供服は2点で1点扱い
  • 職人による手仕上げ
  • 最大6ヵ月の保管サービスはなんと無料
  • 機械を使わず自然乾燥

 

大切な衣類、高級な洋服などのクリーニングならリナビスがおすすめです。
なんといっても検品から仕上げに至るまですべて職人による手仕上げという徹底ぶり!
しかも乾燥も衣類によっては2日かけて自然乾燥しています。(乾燥機では縮む・傷む)
徹底した手仕上げにこだわるからこそ会員数を10,000人に限定してるのも納得ですね。
衣替えシーズンの厚手の衣類は特におすすめで、コートやジャケットなど普通にクリーニングに出したら高くなるものはパック料金だとお得感ありますよ?

 

>>リナビスを詳しくみる<<

 

 

 

ネクシー

  • 会員料金が安く普段使いしやすい
  • スーツやワイシャツなどに絞ったビジネス会員がある
  • 1週間以内なら再仕上無料
  • サプライズクーポンが嬉しい

 

ネクシーはリネットのように衣類の種類別に料金が設定されている宅配クリーニングです。
通常会員の他にビジネス会員とメンバーズ会員があり、会員別に割引対象の衣類が違いますが通常料金から20〜40%の割引料金が適用されます。
割引後の料金で比較するならリネットより安くなる衣類もあり、特に会員料金の安いビジネス会員は割引対象の衣類をメインにクリーニングを利用する方にはメリットがあります。
長崎県にある会社なので送料無料になる利用額などで考えると西日本にお住いの方におすすめなサービスと言えます。

 

>>ネクシーを詳しくみる<<

 

 

 

ピュアクリーニングプレミアム

  • 高級衣類専門
  • デザイン+シルエット+肌ざわりを復元できる
  • 全額返金保証付き
  • 衣類の種類や状態によって3つのコースを選べる

 

こちらは高級衣類専門の宅配クリーニングサービス「ピュアクリーニングプレミアム」です。
思い出の洋服、大切なドレスなどを任せるなら間違いなくこの「ピュアクリーニングプレミアム」一択でしょう。
通常のドライクリーニングでは落ちにくい水溶性の汚れもキレイに落とせるオゾンコース
オゾン洗浄の後に化粧品素材のシクロメチコンで繊維に潤いを与えるシリコンコース。
通常のドライとは全く違うウエットクリーニング+特殊水洗い+特殊シミ抜きでフルメンテナンスをするメンテナンスコース。
お洋服の状態やご希望の仕上がりに合わせて3つのコースを選べます。

 

>>ピュアクリーニングプレミアムを詳しくみる<<

その他、ご利用に関して

ここでは宅配クリーニング全般の注意事項をまとめてみました。
ご利用になる前の参考にどうぞ!

 

取り扱いできない衣類等

一般的にクリーニングでお断りされるような衣類は宅配クリーニングでも当然取り扱いができません。
元々状態が良くない衣類はクレームの元になるかも知れませんから仕方ないですよね。
期待に沿えない可能性の高い衣類が全般的に不可となっているようです。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ

 

意外なところでは「乾いていないもの」は取り扱い不可なんですね。
衣類の輸送中に色移りしてしまう可能性もありますので、余計なトラブルにならないためにも濡れた衣類はクリーニングに出すのはやめておきましょう。
皮革・毛皮・合皮なども洗濯表示があればクリーニングできますし、着物やドレスなども日数がかかりますがクリーニングはできます。
リネットの場合、プレミアム会員で最短2日仕上げというサービスがありますが、これらの日数がかかるものは5日以降の仕上げになります。

 

その他にも場合によっては返却されてしまう可能性のある衣類もあります。

 

  1. 洗濯表示がない、または海外の表示のもの
  2. シワ加工やプリーツ加工が施された衣類
  3. ボンディング加工が施された衣類
  4. 合成皮革
  5. ストレッチ素材
  6. プリント加工
  7. スパンコールやラインストーンがついている衣類

 

追加料金が発生するケース

初めて利用する方がよくやってしまうミスがこれではないでしょうか?
宅配クリーニングの場合は依頼した衣類がクリーニング工場に到着した後に検品して料金が確定します。
クーポンなどを利用して安く抑えようと思っても、こちらの計算通りにならないケースもあるので注意して下さい。

 

付属品・装飾品など

レース、フリル、プリーツがついている、又はビーズ、ラメ、スパンコール、ビジューなどがついていると、より丁寧な仕上げが必要になるので追加料金が発生します。
そしてアウターでありがちなのがファーやボア、毛皮のフードがついたものも別料金としてカウントされてしまいます。
そして見落としがちなのはライナーです。ライナーとは主に取り外しが可能な裏地のことで、キルティング・フリース・ダウンなどの素材でできたライナーがコートの内側についていると別料金になります。

 

上質素材の衣類

デリケートで痛みや伸縮が起きやすいシルク・カシミヤ・麻・合皮などの素材は通常の工程より手間がかかります。
これもクリーニング会社によっては別料金になるのでご注意下さい。

 

一部が革素材

これも見落としがちですがダッフルコートの肘の部分だけ合皮になっていたり、ボタン(トグルボタン)や反対のループの部分が革という衣類などがこれに当たります。
衣類全体の中で革の占める割合によっては革・毛皮製品扱いとなって更に料金が高くなることもあります。

 

クリーニングのキャンセル

ネットや電話で集荷依頼をした後、集荷の前ならキャンセルは可能です。
しかし宅配業者さんが持ち帰った後は原則キャンセルはできないサービスがほとんどです。
同様に依頼した衣類のうち、一部だけをキャンセルというのもできません。
しかし、仕上がりまで時間がかかる革・毛皮製品などの特殊衣類のみキャンセル可能な場合があります。

 

衣類の種類(呼び方)

どこのサービスでもよく表示されているのが「ワイシャツとシャツの違い」です。
一般的な定義ではワイシャツはネクタイ着用のためのシャツで、ボタンダウンのシャツもワイシャツに含まれます。これ以外は「シャツ」として分類。
他には「ワイシャツとブラウスの違い」や「ジャケットとコートの違い」などもわかりにくいですよね?
料金表で確認できない場合は公式サイトのQ&Aに書いてあったりしますので、どうしても正確な料金を把握しておきたい場合は確認してみてください。

リネットのレビュー|実際に利用してみたよ!

当サイトでランキング1位で紹介しているリネットですが、我が家でもを実際に使ってみたので、写真つきで紹介します。

 

リネットの申込方法

インターネットで申込みをしました。
クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
確定した料金のお知らせや引き取り日&お届け日の案内がメールで届きますので、メールアドレスはちゃんとチェックできるアドレスを入力しましょう。
パスワードは会員ページにログインするときに必要になります。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
次はプレミアム会員か通常会員を選ぶんですが、送料の事を考えると通常会員を選ぶ理由は見当たらないですが・・・。
「どうしても通常会員がいい!」という方はこの画像の上の方にあるチェックを外します。

 

今はキャンペーン中なのでプレミアム会員の月会費プランも2ヶ月無料で試せます。
プレミアム会員の解約はいつでもできるので、「1回だけお試しで使ってすぐ解約」とかも可能です。
年会費プランだと画像のように年間ケアパス3,600円分が付きますので、9回以上利用するなら年会費は実質無料。
リネットは本当にクーポンが貯まりやすいんですが、そのクーポンとも併用できるので使えば使うほどお得さが実感できますよ?

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
次は預ける日とお届け日、それぞれの希望時間帯を選びます。
プレミアム会員の最短2日仕上げを選んだ場合は、画像では小さくて見にくいんですが、
ダウン製品/スキーウエア/シーツ/カバー類/白衣/浴衣/皮革製品/毛皮製品/着物類
これらは仕上げに時間がかかるので5日後以降を指定しないといけません。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
次はオプション加工です。
オプション加工を選ぶと、最短2日仕上げが利用できませんのでご注意下さい。

 

最初からプレミアム会員を選んでいた場合は初回の引き取りの時にも専用のダンボールを依頼できます。
プレミアム会員の場合はクレジット情報は必須になりますので、ここもきちんと入力しておきます。

 

余談ですが、うちはダンボール1個頼んでたのにヤマト運輸さんが当日ドライバーを変更したとかの理由でダンボールはなかったです。
(ただの伝達ミスじゃんって思いますが)
結局大きめの紙袋に衣類を詰め込んで依頼しました・・・。

 

うちでクリーニングに依頼したのはパパのスーツ上下×2着と子供のジャンパー2着です。
スーツは上下で1,250円×2着=2,500円
子供のジャンパーは890円×2着=1,780円
私の予想では料金は4,280円、果たして結果は?

 

これで申込は完了です。
登録したメールアドレスに2つのメールが届いてました。
1つはプレミアム会員登録の確認メール、もう1つはクリーニングの申込確認メールです。

 

後は引き取り日にヤマト運輸さんにクリーニングする衣類を渡すだけになります。
ヤマトさんに衣類を渡した2日後に、料金確定のメールが来てました。

 

結果は・・・1,410円の予算オーバーでした。
スーツ上下は予想通りでしたが、子供のジャンパーのうち1着はキルトジャケット950円+全面付属ファー / ボア (フェイク) 860円、もう1着は ジャケット / スーツ上520円+全面付属ファー / ボア (フェイク) 860円で合計3,190円。
ジャンパーで依頼したつもりがキルトジャケットとかジャケットになってて、違いがよくわからない^^;
ファーやボアなどの付属品にはくれぐれもご注意下さい・・・。

 

届いた荷物を開けてみる

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
クリーニング会社らしい白のダンボールで届きました。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
この紙無くても全然問題ないんですが、あると嬉しい気づかいですね。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
中はこんな感じ、きれいにたたまれています。
たたんだ状態で放っておくと、やはりシワが気になりますのでハンガーごと吊るしておけば1日でシワはなくなるそうです。

 

リネットに限らず、どこの宅配クリーニングでもお届けから一定期間内なら再仕上は無料でできるところが多いので、気になる方はこの時点できちんとチェックしておきましょう。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
子供のお気に入りのジャンパーは家で洗うとすごく乾きにくい素材ですが、キレイな仕上がりで次の冬も気持ちよく着れそうです。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
パパのスーツはシワのチェックをしましたが、キレイに仕上げて頂いてるのでとてもいい感じです。
スーツをクリーニングに出すと独特な臭い(ドライクリーニングの臭い?)がよくありますが、あまり臭いがなくていい感じでした。

 

クリーニングの配達や集荷で自宅に居ながら利用できる宅配クリーニングまとめ
2回目以降はこのバッグに衣類を入れて申込みします。
次回使える送り状やコンビニ持ち込み用の申込用紙も同封されていました。

 

リネットを使ってみた感想

料金だけで考えるならリネットより安いクリーニング店なんていくらでもあるんですが、家に取りに来てくれるのは嬉しいですね。
シミとかもちゃんとチェックしてシミ抜きしてもらえてるのはお得感ありますし、何より仕上がりは綺麗です。
お子さんが小さいご家庭とかは絶対助かると思いますし、一人暮らしの方は仕事で帰りが遅い人でもコンビニ持ち込みで24時間依頼できるのはポイント高いですよね!

 

>>リネットの公式サイトはこちら<<